当社は、昭和60年7月に、私の父でもある現会長の櫛引光彦が創立して以来、お客さま(顧客)の要望に対して真摯にそして迅速に対応することで、30年以上青森に根差して企業活動をしてきました。

その中でも当社にとって最も大きな出来事は、平成23年3月に起きた東日本大震災で、甚大な被害を受けた仙台空港の復旧工事に携わった事です。震災から1ヶ月後、当社から10人以上の社員を派遣し、水や食料も満足に手に入らない状況の中、復旧工事に尽力しました。

そしてこの復旧工事がきっかけとなり、同じく被害を受けた気仙沼市や大船渡市など、宮城・岩手両県の沿岸部での復旧工事に携わることになりました。

平成27年5月、父の意志を受け継ぎ代表取締役社長に就任いたしましたが、今後も地域に根差した企業として、地域の発展に貢献できるよう尽力していきたいと考えています。

まず第一に、我々は社会のライフラインを担う企業として、地域のお客さまに信頼される企業であり続けることです。そのひとつとして、社員教育の徹底を掲げています。社会人としての礼節を身につけることはもちろん、外部講師を招いての講義や資格取得の斡旋、費用の負担など、社員一人ひとりのスキルアップにも力を入れています。

もうひとつは、完工高で県内トップクラスを維持するということ。そのために、公共工事の永続受注や東北地方を中心とする県外工事の受注にも、今まで以上に力を入れていきたいと考えています。

 

第二は、全ての社員が幸せを感じながら働くことのできる企業になる、ということです。私は、企業は社員と共に成長していくものと信じています。社員の幸せはその家族の幸せであり、企業の幸せでもあります。社員の家族・子供の成長を共に見守りながら、有給・育休の取得斡旋や残業時間の削減など「働き方改革」の推進に取り組みます。

また、社員が心身ともに健康で働いていけるよう、保険員による健康診断や健康相談、講習や教育なども行っていきます。

社会に出て最初の頃は、先輩から指示された仕事を訳も分からずこなすだけの毎日で、退屈に感じるかもしれません。もちろん最初から希望していた業界に入り、熱意を持って毎日仕事をする人たちもいますが、私はそういう人たちはごく少数だと思っています。

私もそうでしたが、就職先を決めるときは求人を見て一番給料が高い会社に応募してみたり、親や学校の紹介する会社に応募することの方が圧倒的に多いと思います。そんな状況の中、就職した会社で最初から「一生この会社で頑張っていくぞ!」と思える人はなかなかいないでしょう。

ではどうしたら熱意を持って仕事をすることができるでしょうか?

私は仕事に楽しさを見出すことだと思います。その楽しさは、仕事を任される時に見つけることができます。仕事の責任者になり、全てを任され、やりがいを感じ、その仕事を全うしたときに達成感を感じます。このやりがいと達成感が楽しさにつながります。

自分の成長のために、そして将来の自分のために、今与えられた仕事を一生懸命こなし、来るべき時に備えてチャレンジしてみて下さい。

 

〒030-0943

青森県青森市大字幸畑字阿部野12番地50

TEL 017-738-8899    017-763-0827

FAX 017-728-2863

E-mail  info@daiju.work

【営業時間月〜土/8:00〜17:00日曜定休

株式会社 大樹設備工業

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。

Copyrights 2017−  株式会社大樹設備工業 All Rights Reserved. Never reproduce or republicate without written permission.

株式会社 大樹設備工業 代表取締役
【座右の銘】 克己復礼 確固たる自分を持ち、自らの良心・理性に従って様々な欲や私心に打ち克ち、「心から自ずと生ずる自発的規範」すなわち本来の自分に復ること。孔子「論語」
TEL 017-738-8899 017-763-0827 FAX 017-728-2863

E-mail  info@daiju.work